プラスチック熱交換器(樹脂製熱交換器)|チューブユニット

プラスチック熱交換器 | シェル&チューブ納入実績

プラスチック熱交換器 納入実績1

納入実績1:海水槽の温調

プラスチック熱交換器納入実績(海水槽の温調)

接続イメージ説明
水槽内の海水を冷却するためにチラーおよびポンプと熱交換器を接続。金属製熱交換器では使用が難しい海水をシェル側に流しています。チューブ側はチラー水です。

条件※

  • シェル側流体:海水
  • チューブ側流体:チラー水
  • シェル流量:70L/min
  • チューブ流量:20L/min
  • シェル側温度:入口30℃→出口26℃
  • チューブ側温度:入口10℃ →出口20℃

(※実績値は公表不可のため計算値を掲載しています)

プラスチック熱交換器 納入実績2

納入実績2:スラリーの除熱

接続イメージ説明
金属製熱交換器では腐食してしまうスラリー液も流すことができます。左記イメージではシェル内に流しています。
また、シェルをフランジ形状にすることでチューブを取り出して洗浄することも可能です。

条件※

  • シェル側流体:スラリー
  • チューブ側流体:チラー水
  • シェル流量:15L/min
  • チューブ流量:20L/min
  • シェル側温度:入口32℃→出口25℃
  • チューブ側温度:入口15℃ →出口20℃
  • (※実績値は公表不可のため計算値を掲載しています)

プラスチック熱交換器 納入実績3

納入実績3:地下水の利用


※導入現場では汲み上げポンプから直接シェル入り口へ接続しています。

接続イメージ説明
金属製熱交換器では使用が難しい地下水も直接流すことが可能です。左記イメージではシェル側に地下水を流しています。水温の変化が小さい地下水の熱を活用する
ことが可能です。

条件※

  • シェル側流体:地下水
  • チューブ側流体:不凍液
  • シェル流量:10L/min
  • チューブ流量:10L/min
  • シェル側温度:入口11℃→出口9℃
  • チューブ側温度:入口8℃ →出口10℃
  • (※実績値は公表不可のため計算値を掲載しています)

プラスチック熱交換器 納入実績4

納入実績4:複数台の導入例

プラスチック熱交換器納品実績

プラスチック熱交換器納品実績
接続イメージ説明
 熱交換器の幅が300mmと一定のため、底板・天板を付け合わせることで左図のように容易に配管が可能です。

Return Top