プラスチック熱交換器(樹脂製熱交換器)|チューブユニット

プラスチック熱交換器シェル&チューブの開発・製造

プラスチック熱交換器シェル&チューブAタイプ(フランジレス)

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

プラスチック熱交換器の主な特徴

Point

  • オールプラスチック製なので軽量で腐食しない。 ※条件により変わりますので、詳しくは担当までお問い合わせ下さい。
  • 腐食に強い為、金属製では使うことが出来ない流体に対応できる。
  • 金属製と比べ性能あたりの単価を抑えられるので、設備投資が容易になる。
  • 熱伝達性能面では、金属製に劣るがコスト面で補える為、複数台の設置によりプラスチック製のメリットを発揮できる。
  • 性能低下時はチューブ側を新品に入れ替える事も容易になる。(※フランジタイプのみの設定)
  • チューブはPPのみで出来ている為、リサイクル可能で環境にやさしい。
  • シェル内部・チューブ外部の清掃が簡単。(※フランジレスタイプはチューブの取出しはできません)
  • 本体に装着されている、「かきとりレバー」によりチューブに付着したゴミ等の清掃も可能。(※オプション設定になります)
  • 縦置・横置での設置が可能。

※仕様に応じて内部のチューブの本数、長さ、シェルの直径、長さ等対応可能です。担当までお気軽にお問合せ下さい。

プラスチック熱交換器の仕様について

ご確認下さい

  • 写真のシェル(胴体)は、説明用に透明な素材を使用しております。
  • 通常のシェルは、グレーの塩ビ素材になります。
  • 写真の透明なシェルを使用したタイプは、特注にて製作いたします。

プラスチック熱交換器の主な使用例

こんな使い方をされています

  • 浴槽・プールの循環昇温・冷却
  • 温泉排水を利用した給湯・暖房・融雪
  • 地下水や河川利用の冷房
  • 排熱回収
  • 化学工業

ポイント


樹脂は腐食しないので、金属製使用不可のところでも使用できる。
※ただし、金属製と比べると性能は劣る。

プラスチック熱交換器シェル&チューブ仕様(フランジレス)

チューブ素材 ポリプロピレン
シェル素材 塩ビ
チューブ水量 15~40L/min
チューブ使用圧力範囲 0.05Mpa以下(常温)
チューブ耐圧力 0.1Mpa以下(常温)
シェル水量 20~90L/min
シェル耐圧 0.2Mpa
連続使用可能温度 シェル側50℃、チューブ側90℃(使用条件、環境による)

プラスチック熱交換器 材質最高使用温度

チューブ:ポリプロピレン
最高使用温度:90℃
シェル:ポリ塩化ビニル
最高使用温度:50℃

プラスチック製熱交換器と金属製熱交換器との比較

材質
  • 特徴
  • 熱伝達性能
  • 耐薬品性
  • 重量
  • 設置方法
  • 価格
プラスチック熱交換器
  • 腐食しない
  • 金属より劣る
  • 強い
  • 軽い
  • 縦横可
  • 安価
金属製熱交換器
  • 性能が良い
  • 良い
  • 弱い
  • 重い
  • 高価

ダウンロード各種資料

※資料をご覧頂くには、Adobe社製のAcrobatReaderが必要になります。必要に応じて下記よりダウンロードしてください。
Get_Adobe_Acrobat_Reader_DC_web_button_158x39_fw

問合せボタン挿入******

プラスチック熱交換器シェル&チューブBタイプ(フランジタイプ)

  • Slide image
    プラスチック熱交換器シェル&チューブ(フランジレス)
  • Slide image
    プラスチック熱交換器シェル&チューブ(フランジタイプ)
  • Slide image
    プラスチック熱交換器シェル&チューブ(フランジタイプ)
  • Slide image
    プラスチック熱交換器シェル&チューブ(フランジタイプ)

プラスチック熱交換器シェル&チューブ仕様(フランジタイプ)

チューブ素材 PP(ポリプロピレン)
管寸法例
  • 外径 φ6mm~φ13mm
  • 肉厚 0.2mm~0.3mm
  • 高さ 60mm~1000mm
使用例
  • 浴槽・プールの循環昇温・冷却
  • 温泉排水を利用した給湯・暖房・融雪
  • 地下水や河川利用の冷房
  • 排熱回収
  • 化学工業
特徴
  • チューブとシェルは一体ではないので、取り外してシェル内部・チューブ外部の清掃が可能
  • 従来の金属製品とは違い樹脂製品なので軽量となっている
  • 縦置・横置での設置が可能

材質最高使用温度

チューブ:ポリプロピレン
最高使用温度:90℃
シェル:ポリ塩化ビニル
最高使用温度:50℃

プラスチック熱交換器と金属製熱交換器との比較

材質
  • 特徴
  • 熱伝達性能
  • 耐薬品性
  • 重量
  • 設置方法
  • 価格
プラスチック熱交換器
  • 腐食しない
  • 金属より劣る
  • 強い
  • 軽い
  • 縦横可
  • 安価
金属製熱交換器
  • 性能が良い
  • 良い
  • 弱い
  • 重い
  • 高価

プラスチック熱交換器シェル&チューブ分解図

プラスチック熱交換器ご使用にあたっての注意点

  • チューブ内清掃は困難なため, チューブ側はクリーンな液体を推奨
  • チューブ側水量 15~40 L/min まで
  • シェル側水量 20~90 L/min まで

プラスチック熱交換器シェル&チューブ性能試験

  • 用水路の水をポンプで引きシェルに流し、シェル内を通った水は再び用水路へと還す。
  • チューブ側はオイルクーラーと接続し温水となって流れ、チューブ内を通る事で冷却されて再びオイルクーラーで温水となる。
  • 用水路の水温とチューブ内を通る水温の差を広げるため、オイルクーラーの設置空間温度を石油ストーブを設置し上昇させる。

プラスチック熱交換器シェル&チューブ(シェルアンドチューブ式)実験図

※本試験では熱交換器の性能を測定するものであり、 実際の用途ではありません。

プラスチック熱交換器開発実績(製品ギャラリー)

樹脂製熱交換器開発ギャラリー樹脂製熱交換器の開発製品ギャラリーです。

サンニクス開発のプラスチック熱交換器の開発実績(製品ギャラリー)をご覧いただけます。

ギャラリーはコチラから

プラスチック熱交換器シェル&チューブ各種資料ダウンロード

※資料をご覧頂くには、Adobe社製のAcrobatReaderが必要になります。必要に応じて下記よりダウンロードしてください。
Get_Adobe_Acrobat_Reader_DC_web_button_158x39_fw

Return Top